virtualbox anchor.png

  • x86仮想化ソフト。ヒマ人の頼もしい味方。
  • 自分の使ってるマシンのスペックがしょぼ過ぎてマトモに走るOSが少ない。活用できているのはfreebsd10.1とwindows2000くらいだな。
  • コマンドラインでの制御が充実しているのは嬉しい。
Page Top

よく使うコマンド anchor.png

  • バーチャルマシンの一覧を表示
    $ vboxmanage list vms
  • バーチャルマシンの情報を表示
    $ vboxmanage showvminfo バーチャルマシンの名前
  • 起動
    $ vboxmanage startvm バーチャルマシンの名前
  • バックグラウンドで起動
    $ vboxmanage startvm バーチャルマシンの名前 --type headless
  • サスペンド
    $ vboxmanage controlvm バーチャルマシンの名前 savestate
Page Top

よく使うバーチャルマシンの場合 anchor.png

webの開発環境としてvirtualbox上のfreebsd10.1をつかっているので、これだけは日常的に立ち上げる。なので、起動とサスペンドをシェルスクリプトに書いておいた。

1
2
3
4
5
6
7
8
#!/bin/sh
 
case $1 in
	"start") vboxmanage startvm "bxcui" --type headless
		;;
	"stop") vboxmanage controlvm "bxcui" savestate
		;;
esac
Page Top

起動しなくなったときの対処メモ anchor.png

apt-get upgrade したらゲストマシンが起動しなくなった。いろいろ試したけど、これで起動した。

$ uname -r
3.13.0-53-generic
$ sudo apt-get install linux-headers-3.13.0.53-generic
→エラーが出る。インストール候補がないとのこと
$ sudo apt-get install linux-image-4.4.0-62
$ sudo apt-get install linux-headers-4.4.0-62-lowlatency
$ sudo reboot

$ sudo /sbin/vboxconfig
  • linux-image-3.13.0.53-generic で起動していたのだけど linux-headers-3.13.0.53-generic がインストールされていない状態だった。なので linux-headers-3.13.0.53-generic をインストールしようとすると「候補がない」と言って弾かれた。
  • 別のバージョンのlinux-headersがインストールされているか調べてみたら 4.4.0-62 があった。4.4.0-62 のlinux-imageはインストールされていないのでインストールしたらその過程で「linux-headers-4.4.0-62-lowlatencyをインストールせよ」のようなメッセージが出たのでそれもインストールした。
  • 再起動。無事 linux-image-4.4.0-62-lowlatency で起動成功。sudo /sbin/vboxconfig を打ち込む。処理が終わるまで数分。ゲストマシンが立ち上がるようになった。
  • linux-image更新後、どういうわけかwifiに繋がらなくなったけど、何度か再起動しているうちに繋がるようになった。不思議。

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 24, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2017-02-14 (火) 08:44:20 (JST) (222d) by admin

twitter検索
検索ワード:virtualbox
* 誰かのお役に立てれば幸いです・・・https://t.co/hmUffFjGLt 『Vagrantの動作が遅かったので共有フォルダ設定とVirtualBox環境のメモリ設定を見直してみました。』
* @ms_06v_6 bash on ubuntu on windowsでやるくらいならvirtualboxでubuntuなりなんなり入れたほうが動作早いと思うで。
* VirtualBox + Ubuntu 16.04 + Pyenv + Anacondaが上手く動かん
* “X1 CarbonのVirtualBoxでxubuntuを使う — そこはかとなく書くよん。” https://t.co/2QyCYfjAMb
* VirtualBox を 5.1.28 にアップデートしないと Windows 10 Insider Preview のインストーラーが動かなかった ホストが遅いだけかと思って、ずっと待ってたよw ま、とりあえず良かった
* メモ書き書いた / X1 CarbonのVirtualBoxでxubuntuを使う / https://t.co/7MeGhaDSo4
* 別の環境で開発環境整えたりする機会があって面倒だなと思って、Dockerを導入しようかと思ったけど、VirtualBox、というかHyper-Vと共存出来ないと聞いて、面倒くさくなってやめた
* virtualboxのアップデートをする。5.1.26 -> 5.1.28
* @ryota_yama そんなあなたにVirtualBox お好みのOSを入れよう!(但し一部OSは非対応)
* @KokoCoupon 僕はgoogle cloud platformの無料プランで建てました(ブログ書かれてる人います)virtualboxにubuntuでやろうとしましたが固定ip必要とかポート解放とかセキュリティ的にやめました。ラズパイで築城した人はまだ聞かないですね。

wikipedia検索
検索ワード:virtualbox
* VirtualBox Oracle VM VirtualBox (オラクル ブイエム バーチャルボックス)とは、x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つ。現在の開発は米国オラクルが行っている。 既存のオペレーティング・システム(ホストOS)上にアプリケーションの一つとしてインストールされ、この中で追加のオペレーティ
* 仮想アプライアンス Virtual PC、QEMU、User Mode Linux、CoLinux、Virtual Iron、VirtualBoxといった仮想化技術の上で動作するよう設計された最小仮想機械イメージである。 仮想アプライアンスは、より広い意味を持つソフトウェアアプライ
* QEMU により、リモートマシンの制御が可能である。 対応する仮想化支援機能が少なく、VMware、VirtualBoxよりも低速とされる。 バーチャルマシン x86仮想化 Microsoft Virtual PC Q VirtualBox VMware 公式ウェブサイト QEMU on Windows
* Vagrant (ソフトウェア) Vagrant(ベイグラント)は、FLOSSの仮想開発環境構築ソフトウェア。VirtualBoxをはじめとする仮想化ソフトウェアやChef(英語版)やSalt(英語版)、Puppetといった構成管理ソフトウェアのラッパーとみなすこともできる。 Vagrantを用いると、構成情報を記述した設定ファイル
* リモートデスクトップ なる。殆どのエディションのWindowsが操作する側として機能する。 またVirtualBoxのゲストを操作するプロトコルとしても利用されている(ホスト側に無償のExtension Packの導入が必要)。VirtualBoxのゲストOSとして構築ができてしまえば、VNC等も含めたリモートログインを
* オープン仮想化フォーマット Archive(略してOVA)ファイル形式で提供される。 一例として、次の仮想機械で利用可能である。 VMware Workstation Oracle VM VirtualBox DMTFの日本語ポータル オープン仮想化フォーマット(OVF) 仕様など Open Virtualization Format Specification
* 仮想機械 IBMのLPAR、サン・マイクロシステムズのLDOM、ヒューレット・パッカードのvParsなど 仮想化ソフトウェアの機能による分割 z/VM、VMware、Xen、VirtualBox、Hyper-Vなど。内部的にハードウェアの機能を活用している場合も多い。 OSの機能による複数OS環境 AIX 6 ワークロードパーティション、Solaris10
* 仮想化 CP-40 などが起源とされる。メインフレーム以外の領域では、Parallels Workstation、Parallels Desktop、VirtualBox、Virtual PC、VMware Workstation、VMware Server、QEMU、Adeos、Mac-on-Linux、VirtualLogix
* X86仮想化 命令実行をエミュレートする方式を採ったものとして、Bochs、QEMU、当初プロプエタリソフトとして公開され最終的にGPLライセンスになったVirtualBoxがある。KVMではQEMUがCPUをはじめとする周辺機器のエミュレーションを担っている。 マイクロソフトは Windows
* 超漢字 Playerが動作環境となった。 保証外だが、AT互換機をエミュレートするVirtual PCやQEMUやVirtualBoxで動作させることもできる。VirtualBox の場合、ホスト機のBIOS設定でホストCPUのx86仮想化支援機能(Intel VTかAMD-V)を有効にする必要がある。


(c) 2017 xxxs500