Page Top

いったんgui環境から離れていた anchor.png

自宅のpcをwindowsからubuntuに乗り換えてから数年経ったある日、windowsの代替品として十分すぎるせいかlinuxを使っているという自覚に乏しいことに気がついた。てなわけでlinuxをちゃんと使うとはどういうことか思案を巡らせてみたところ、コンソール画面を活用することなんじゃないかという結論に至る。

ターミナルエミュレータがあるのだからわざわざコンソール画面なんか使うのは非効率だったりもするけど、やっぱcuiで出来ることはcui環境の中で完結させる方が美しい。そう考えるとなんかこう、コンソール画面でこそlinuxの個性を発揮できるような気がしてきた。…いや、ちょっとまてよ?

  • じゃあ、linuxとunixの個性の違いは何なんだ?
  • bashとかzshとかのシェルの個性に触れることはできても、osの個性を垣間見れるわけじゃないのでは?

などの疑問も浮かんでしまう。まあいいや。とにかく面倒くさいことは後回しにしてgui環境からの脱却を試みた。linuxの個性って何だろね?

どうせなら闇雲に使っていくだけではなく、やったことや気がついたことをどんどんメモしていく方がいい。というわけで、cui環境からでも手軽に更新できるサイトを立ち上げることにした。それがこのサイトなのですよ。

Page Top

そしてまたgui環境に戻ってきた anchor.png

それから数ヶ月、ほぼcui環境だけで何とかやっていたのだけど、タイル型ウィンドウマネージャを試すことなくguiを卒業するのはもったいない気がして、ちょっとインストールしてみたのですよ。それがきっかけとなってgui生活に逆戻り。gui環境の設定に明け暮れるようになっていたりする。

タイル型は2つほど試して「なんか違うな」と判断。スタック型の軽量ウィンドウマネージャを漁ったところ、一旦twmに落ち着いたのだけど、twmにも使わない機能が結構あることに気がついてtinywmに乗り換えた。

乗り換えたのはいいのだけど、今度はtinywmでは機能が足りないことに気がついたので改造を繰り返しているうち「別にtinywmじゃなくてもいいや」と思い直し、フルスクラッチでウィンドウマネージャを制作。nowmと名付けた。ついでにパネルも自作してnopanelと名付ける。どっちもショボいなりに気に入っている。

Page Top

突然linux生活が終わった anchor.png

明確なきっかけはないのだけど、PCを新調した。windows10が入っていたので、これからは人並にpcを使おうと思っている。

んでも、bash on windows は活用していくつもり。なんか使いにくいけど、virtualboxをいちいち起動するよりも楽な気がする。


(c) 2017 xxxs500